ED治療薬というと

ED治療薬というと、バイアグラ・シアリス・レビトラなども登場して10年以上、現在はこれらの成分を並べたジェネリック薬はも登場してきています。
初々しいED治療薬はと見てみると、「ステンドラ」というものがあります。

ステンドラはアメリカのヴィヴィス社が販売始める4番目のED治療薬で、アバナフィルという成分を含み、2012年に認可、同名称の商品名で販売されているといいます。
又、こういうアバナフィルは日本の田辺三菱製薬が開発した薬で、販売権を同社に譲渡した薬ですそうだ。

その作用は従来品と同じように、勃起することを妨げるというホスホジエステラーゼ5酵素(PDES5)阻害薬ですようですが、その特徴はレビトラ同等の即効性と言われ15分ほどで効果が現れるとあり、従来のED治療薬にもあった食べ物の問題を改善した薬ですようだ。

その注意も、ニトロ製剤との服用やなども従来のED治療薬という変わりないようで、副作用としては、頭痛や顔が赤く上る事や鼻づまり、背中の痛みや咽頭炎などが言えるようだ。
使った人の感想では、その即効性のよさという、食前の空腹時も食後に飲んでもまるで差が見られないですといった意見が見られるようだ。

グングン、ジェネリック薬も登場しているようで、インドの会社が製造販売やる「アバナ」はも見られます。
ステンドラは日本での認可は依然としてなされていないようですが、個人輸入であれば手にすることはできそうだ。




カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です